Top > キムタク

キムタク

キムタクこと木村拓哉は、1972年11月13日東京都生まれ。「キムタク」という言葉は、現在、日本では誰もが知っている愛称で、中国でも定着しているほどです。しかし、女子高生の間で呼ばれるようになり広まっていったこの愛称を、当時は受け入れることが出来なかったと言っています。

彼が人気になったきっかけは、1993年に放送されたテレビドラマ「あすなろ白書」でした。その後、数々のドラマに出演し、彼が主演したドラマは平均視聴率20%以上、ドラマ界では「キムタクが出れば必ずヒットする」とまで言われています。また、彼のドラマでのファッションやヘアスタイルは毎回話題になり、1990年代後半には彼を真似した茶髪のロングヘアが大流行、HEROで着ていたダウンジャケットはプレミアがつくほどの大人気となりました。

さらに、彼が出演したドラマの主題歌も大ヒットしており、藤井フミヤの「TRUE LOVE」、久保田利伸の「LA LA LA LAVESONG」は彼ら自身のベストヒットソングにもなりました。彼は、多趣味なことでも知られています。妻である工藤静香とは、趣味のサーフィンをよくやっているそうです。現在、娘2人をもつキムタク。彼のスター性は、努力の賜物が作り出したものなのかも知れませんが、それを感じさせないのが、まさに「キムタク」です。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
キムタク(2009年7月 6日)
ロングバケーション(2009年7月 6日)
HERO(2009年7月 6日)
武士の一分(2009年7月 6日)